とある営業マンのブログ

首相「普天間、進退かけるつもり全くない」(読売新聞)

 鳩山首相は9日夕、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し「覚悟を持って臨む」と発言したことについて「進退をかけるとか、野党の挑発に乗るつもりは全くない」と述べ、5月末までの決着ができなければ退陣するとの見方を否定した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は発言の真意について「政治家は物事を判断する時には一つ一つ覚悟を持って臨むべきだ。国民の暮らし、命がかかわる話であればあるほど。首相として意思決定には覚悟を持って臨むべきだ(という意味)」と説明した。

朝鮮学校、当初除外「あり得る」=官房長官(時事通信)
ドラム缶2遺体事件の証拠紛失「捜査に影響ない」 大阪府警(産経新聞)
鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし(読売新聞)
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕へ(産経新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
[PR]
by qtzemvacfi | 2010-03-16 21:22
<< B型肝炎訴訟で和解勧告=全国初... スペインでそば打ち、信州の愛好... >>